平標山・仙ノ倉山
2018/04/28~2018/04/30
平標山・仙ノ倉山
 
2018/04/28(土):元橋~平元新道~平標山~仙ノ倉山~平標山乃家(幕営)
2018/04/29(日):平標山乃家~平標山~仙ノ倉山~エビス大黒ノ頭往復
2018/04/30(祝):平標山乃家~大源太山往復~平元新道~元橋
*

初日はそれほど時間が取れないことと足を痛めた後の初めてのテン泊のため、最近は以前よりも身近に感じるようになってきた新潟方面、上信越高原国立公園に含まれる谷川連峰の平標山へ。 平標山はお花が有名なお山ですが、この時期でも避難小屋には管理されている方が常駐されているようで問い合わせてみたところ、 今はもうトイレも水場もお借りできるとのことで、のんびり2泊テントを張らせていただき周辺の山々を登ってみることにします。

● 2018/04/28 ●

元橋駐車場はこの時期はゆとりを持って止められそうです。1時間ほど林道を歩く中で雪解けの沢の流れや新緑を楽しみ、登山口から先はカラマツ林に一部ダケカンバやブナが混生する森でした。 驚いたのはあまりに綺麗に整備された登山道。木の階段がつくられ登山道というより遊歩道のような快適な道が小屋まで続いていました。 今年は雪の量は少ないようで、小屋直下のみ一部残っている程度。小屋で受付時にお話を伺うと、仙ノ倉山から先の稜線もおそらくアイゼンは必要ないとのこと。今年は雪が大変少ない上にこの稜線は風が強いらしく、吹き飛ばされてしまうようです。

テントを設置後、平標山へ。平標山までは夏道と交互にまだ雪が残っていましたが、その先は伺ったとおり驚くほど雪がなく写真を撮るには少し残念に感じます。 初日は平標山までと考えていたのですが、天気も良く行けるところまでと思いながら結局、仙ノ倉山まで足をのばしました。 仙ノ倉山に向かっている中で、徐々に冷たい風が強まってきました。 そういえば登って来る時に出会った方に、午前中は風と冷え込みが厳しく山頂台地では霧氷が付いたと聞いたことを思い出します。 それなりにアップダウンがあり帰りは平標山に着いた時は夕陽が落ちる直前でしたが、夕方の綺麗な時間を楽しむことができました。

● 2018/04/29 ●

テントを開けて険しく美しいエビス大黒ノ頭のちょうど頂きから登るご来光を眺め、のんびり準備して再び平標山へ。 前日は仙ノ倉山までにしましたが、そのしばらく先で驚くほど素晴らしい展望が待っていました。仙ノ倉山から標高差240m下ることでエビス大黒ノ頭の迫力ある姿がさらに際立っていました。 小屋の方から「落ちるなら新潟側だよ(笑)」と伺っていた通り、県境である稜線の、新潟側は緩やかな笹帯なのに群馬側は険しい岩壁。典型的な非対称山稜でした。

谷川岳や巻機山方面の眺めも素晴らしいです。仙ノ倉山からの急な下りでは雪はほとんど残っていなかったので安心して下ることができました。 標高差240mを一気に下ると、眼下には険しい谷に残る美しい雪渓を見ることができました。 エビス大黒ノ頭への登りは遠くから眺めていたほど険しくなく、少しの岩場だけで済み助かりました。 もし行けたら万太郎山までと考えていたのですが、エビス大黒ノ頭の頂きから望む万太郎山ははるか彼方に見え、地図を見るとまずは次の鞍部である毛渡乗越まで今度は標高差320mの大下りになります。 時間と体力を考え潔くここで諦めます。とは言ってもエビス大黒ノ頭があまりに素晴らしいピークなので思い残すことはありません。

平標山まで戻るとまだ時間があるので今度は松手山方面へ少し下ってみることにしました。 巻機山方面の展望が良いところで休憩。 マクロレンズを出して辺りを見渡してみると、まだ色が少ない風景の中に赤い色を発見!ガンコウランでした。 良く秋に実は見ていたので葉を見てすぐに分かりましたが、お花はこの時期に咲くことを知りませんでした。 この稜線ではまだお花は見ることができないと思っていたのでマクロレンズを持ってきて良かったと嬉しく思いながら撮りました。 テントに戻るとさすが連休、テン場は賑わっていました。

● 2018/04/30 ●

最終日の朝ものんびり準備して今度は大源太山へ。午前の間に往復できるのでちょうどいいかなと考えていたのですが、大源太山までのルートは思いがけず大変素晴らしい展望ルートでした。 平標山から仙ノ倉山、そしてエビス大黒ノ頭までの歩いたルートが一望できる上に、これは稜線から眺めていて楽しみにしていたのですが美しいダケカンバがあちこちに見られます。 さすが豪雪地帯、枝ぶりが雪や風に耐えながら伸びる美しい樹形のダケカンバが多く、枝のかたちをゆっくりと観察。朝の光の中でその枝々が引き立っていました。 平標山からエビス大黒ノ頭では、一部ハイマツ以外は樹木はほとんど見ることができなかったので、植生が大きく変わる変化を見ることができました。 そして登山道沿いに見つけたヒメイチゲの群生。大源太山へ向かうときはまだ蕾でしたが、復路ではすっかり可愛らしいお花を開かせていました。

のんびりと3日間過ごすことができたことで、穏やかな稜線の平標山と仙ノ倉山、そして険しく迫力ある頂きのエビス大黒ノ頭、少し離れてそれらの大展望を眺めることができる上に美しいダケカンバ帯のある大源太山。 それぞれ異なる特徴を持つ山々を見ることができ、変化のある素晴らしいひとときを過ごすことができました。

● 写真(37) ●
  • 1時間ほど林道を歩く中で雪解けの沢が輝いています。
  • 1時間ほど林道を歩く中で雪解けの沢が輝いています。
  • 水が綺麗。樹々は芽吹き始めたばかり。
  • 水が綺麗。樹々は芽吹き始めたばかり。
  • 尾根に描かれた残雪模様と芽吹き前の樹々。
  • 尾根に描かれた残雪模様と芽吹き前の樹々。
  • 小屋の直下だけ残る残雪。快晴の青空とダケカンバに映えて綺麗。奥は苗場山。
  • 小屋の直下だけ残る残雪。快晴の青空とダケカンバに映えて綺麗。奥は苗場山。
  • 小屋にテントを張り平標山へ向かいます。振り返って群馬の山々を望みます。
  • 小屋にテントを張り平標山へ向かいます。振り返って群馬の山々を望みます。
  • 夏にはお花畑になる山頂台地にて。雪を冠った巻機山が綺麗です。
  • 夏にはお花畑になる山頂台地にて。雪を冠った巻機山が綺麗です。
  • 仙ノ倉山からエビス大黒ノ頭の険しい岩壁。右奥には吾妻耶山などのテーブルマウンテンのような形状の山々が気になります。
  • 仙ノ倉山からエビス大黒ノ頭の険しい岩壁。右奥には吾妻耶山などのテーブルマウンテンのような形状の山々が気になります。
  • 平標山から仙ノ倉山へ向かう気持ちの良いなだらかな稜線。
  • 平標山から仙ノ倉山へ向かう気持ちの良いなだらかな稜線。
  • おだやかな稜線に浮かぶ月。あと2日で満月です。
  • おだやかな稜線に浮かぶ月。あと2日で満月です。
  • 仙ノ倉山から急ぎ足で平標山へ戻り、何とか無事に夕陽に間に合いました。
  • 仙ノ倉山から急ぎ足で平標山へ戻り、何とか無事に夕陽に間に合いました。
  • 苗場山に落ちる夕陽。その奥の険しい山々は、戸隠?それとも白馬方面?
  • 苗場山に落ちる夕陽。その奥の険しい山々は、戸隠?それとも白馬方面?
  • 翌朝、テントを開けるとご来光はエビス大黒ノ頭の頂きから登りました。今日はあの頂きへ。
  • 翌朝、テントを開けるとご来光はエビス大黒ノ頭の頂きから登りました。今日はあの頂きへ。
  • まずは再び平標山へ。残雪から起き上がるダケカンバに朝の光。
  • まずは再び平標山へ。残雪から起き上がるダケカンバに朝の光。
  • 仙ノ倉山へ向かいながら平標山を振り返ります。今日も快晴、残雪と笹帯のコントラストが綺麗。
  • 仙ノ倉山へ向かいながら平標山を振り返ります。今日も快晴、残雪と笹帯のコントラストが綺麗。
  • 稜線の風が強いため、樹々が地面を這うような形状になっています。
  • 稜線の風が強いため、樹々が地面を這うような形状になっています。
  • 仙ノ倉山の山頂からもう一歩進んだところに素晴らしい展望台がありました。エビス大黒ノ頭に向かって標高差240m下ります。
  • 仙ノ倉山の山頂からもう一歩進んだところに素晴らしい展望台がありました。エビス大黒ノ頭に向かって標高差240m下ります。
  • 一気に下ると、眼下には険しい谷に残る美しい雪渓を見ることができました。
  • 一気に下ると、眼下には険しい谷に残る美しい雪渓を見ることができました。
  • エビス大黒ノ頭の頂きから望む万太郎山ははるか彼方に見え、まずは次の鞍部である毛渡乗越まで今度は標高差320mの大下りになります。
  • エビス大黒ノ頭の頂きから望む万太郎山ははるか彼方に見え、まずは次の鞍部である毛渡乗越まで今度は標高差320mの大下りになります。
  • 時間と体力を考え万太郎山は諦めて、展望を楽しんだ後で平標山へ戻ります。
  • 時間と体力を考え万太郎山は諦めて、展望を楽しんだ後で平標山へ戻ります。
  • 仙ノ倉山を登りながらつい先ほどまで過ごしていたエビス大黒ノ頭を振り返ります。何度見ても美しい頂き。
  • 仙ノ倉山を登りながらつい先ほどまで過ごしていたエビス大黒ノ頭を振り返ります。何度見ても美しい頂き。
  • 仙ノ倉山から平標山へ。こちらも何度見ても美しい山頂台地と苗場山。
  • 仙ノ倉山から平標山へ。こちらも何度見ても美しい山頂台地と苗場山。
  • 平標山まで戻るとまだ時間があるので今度は松手山方面へ少し下ってみることにしました。
  • 平標山まで戻るとまだ時間があるので今度は松手山方面へ少し下ってみることにしました。
  • 1677ピークの展望ポイントにて。夕方の光が綺麗。
  • 1677ピークの展望ポイントにて。夕方の光が綺麗。
  • まだ色が少ない風景の中に赤い色を発見!ガンコウランでした。
  • まだ色が少ない風景の中に赤い色を発見!ガンコウランでした。
  • 平標山まで戻り歩いたルートを振り返ってテントに戻ります。
  • 平標山まで戻り歩いたルートを振り返ってテントに戻ります。
  • テン場に戻り、本日の夕陽ポイントを探します。ダケカンバに光が映えて綺麗。
  • テン場に戻り、本日の夕陽ポイントを探します。ダケカンバに光が映えて綺麗。
  • 樹々に包まれるような苗場山に落ちる夕陽も綺麗でした。
  • 樹々に包まれるような苗場山に落ちる夕陽も綺麗でした。
  • 翌日、大源太山に向かいながら、印象的な残雪と今日もエビス大黒ノ頭の険しい頂きに惹かれます。
  • 翌日、大源太山に向かいながら、印象的な残雪と今日もエビス大黒ノ頭の険しい頂きに惹かれます。
  • 仙ノ倉山とエビス大黒ノ頭の上空に美しい雲が広がりました。
  • 仙ノ倉山とエビス大黒ノ頭の上空に美しい雲が広がりました。
  • 見ごとな枝ぶりのダケカンバに出会いました。残雪に映える幹、そしてまだ光が回らない背後に美しい樹形の白い枝が映えます。
  • 見ごとな枝ぶりのダケカンバに出会いました。残雪に映える幹、そしてまだ光が回らない背後に美しい樹形の白い枝が映えます。
  • 朝の光の中、どこを切り取っても絵になるエビス大黒ノ頭。
  • 朝の光の中、どこを切り取っても絵になるエビス大黒ノ頭。
  • 大源太山までのルートは思いがけず大変素晴らしい展望ルートでした。
  • 大源太山までのルートは思いがけず大変素晴らしい展望ルートでした。
  • 朝の光が浮かび上がらせるダケカンバたち。
  • 朝の光が浮かび上がらせるダケカンバたち。
  • 大源太山に近付くにつれて、万太郎山や谷川岳に続く稜線が望めるようになってきました。
  • 大源太山に近付くにつれて、万太郎山や谷川岳に続く稜線が望めるようになってきました。
  • 気持ちの良い空とご機嫌なダケカンバたち。
  • 気持ちの良い空とご機嫌なダケカンバたち。
  • ヒメイチゲ。大源太山へ向かうときはまだ蕾でしたが、復路ではすっかり可愛らしいお花を開かせていました。
  • ヒメイチゲ。大源太山へ向かうときはまだ蕾でしたが、復路ではすっかり可愛らしいお花を開かせていました。
  • この3日間で、残雪模様は随分と変化していました。
  • この3日間で、残雪模様は随分と変化していました。