袴腰山
2018/03/31
袴腰山
 
2018/03/31(土):小瀬集落~池の平~南東尾根~袴腰山往復
*

昨年の秋に戸隠山での長時間行動で足首を痛め、ほぼ快復したつもりで出かけた1ヶ月後の白山でさらに痛めることになってしまい、まともな登山は5ヶ月ぶりとなってしまいました。 普段から良く南砺市の街中から眺めている袴腰山。特に雪を冠った姿は大変素晴らしく、一度は登ってみたいと考えながらようやく実現できる時がきました。

小瀬集落に車をとめさせていただき、まずは雪解けも進み歩きやすくなった林道が5km続きます。 長い林道歩きですが、久しぶりのお山の空気、雪を踏みしめる感触、そして春の朝陽が心地よく眩しく、お隣の雪解け進む猿ヶ山や大滝山の綺麗な風景を眺めながら歩くことができるので、まったく苦になりませんでした。 林道は池の平まで続きます。池の平からはようやく登山が始まります。地図を見ると南東尾根はどこから取りついても急そうで、しかもだいぶ雪解けが進み雪が切れているところがありそうです。 雪が切れているところは危険なので避けるようにして、なるべく等高線が緩そうな場所を選びながら登りました。

杉の針葉樹林帯を過ぎると斜度はますます急になり、下山に少し不安を感じたところでブナが増え始めました。一気に高度を稼ぎ、気持ちの良さそうな雪原に出ると無事に南東尾根に出たことが分かります。 白山山系の展望が最高。最近気温の高い日が続いていたので山々は霞んでいると思っていたところに、これほど澄み切った白山を見ることができて感激しました。 早く北アルプスも眺めたい思いから、急いで山頂へ向かいます。山頂直前で最後の急登を乗り越えて出た山頂台地はみごとな展望台でした。北アルプスは槍穂高から剱岳北方稜線まですべてを眺めることができました。 思い描いていたとおりの広大な気持ちの良い山頂台地、美しい樹形のブナたちの写真を撮りながらお散歩します。 でも展望台の姿を見ると、積雪はまだ2mは残っているようです。

下山前に池の平を眺められるポイントに行きました。 あまりの高低差、随分とはるか彼方に感じます。まずは山頂直下、一歩一歩慎重に下り、斜度が緩やかになってくると、気温が上がり適度に緩んだ雪面が足に優しく歩きやすく助かります。 でも尾根から外れ池の平に向かうポイントではもう一度気持ちを引き締め、慎重に下ります。 ただ下山では尾根から外れるタイミングが良かったようで、適度に緩やかなルートのまま下ることができました。 次回来ることがあれば、このルートなら登りも安全だと思い、記憶に入れながら下山します。

少し疲れが出た頃に最後の5kmの林道歩きは長く感じましたが、時折あらわれるふきのとうに癒され、登山口に着く頃にはキクザキイチゲを見ることができました。 登山中に何度か足首が気になることがありましたが、無事にこの時期の袴腰山に登ることができ、見事な展望と美しいブナたちに出会えたこと、感謝の想いで下山しました。

● 写真(12) ●
  • 無事に南東尾根に出ると、白山山系の展望が最高でした。
  • 無事に南東尾根に出ると、白山山系の展望が最高でした。
  • 気持ちの良い雪原。美しい樹形のブナ。
  • 気持ちの良い雪原。美しい樹形のブナ。
  • 山頂から眺めた剱・立山連峰、薬師岳。
  • 山頂から眺めた剱・立山連峰、薬師岳。
  • 人形山、大滝山。その奥には飛騨の籾糠山と猿ヶ馬場山。
  • 人形山、大滝山。その奥には飛騨の籾糠山と猿ヶ馬場山。
  • 槍穂高連峰と笠ヶ岳が重なっていました。
  • 槍穂高連峰と笠ヶ岳が重なっていました。
  • 山頂のブナたち。鮮やかな色のヤドリギが印象的でした。
  • 山頂のブナたち。鮮やかな色のヤドリギが印象的でした。
  • 仲良く並ぶ姿から、春が訪れた喜びが感じられます。背景は南砺の街並み。
  • 仲良く並ぶ姿から、春が訪れた喜びが感じられます。背景は南砺の街並み。
  • 雪解けが進みます。でも山頂に設置された展望台から判断すると、積雪はまだ2mはありそうです。
  • 雪解けが進みます。でも山頂に設置された展望台から判断すると、積雪はまだ2mはありそうです。
  • 仲良く寄り添う美しいブナたちに出会いました。
  • 仲良く寄り添う美しいブナたちに出会いました。
  • もう1本のブナを入れて、横構図でもう1枚。
  • もう1本のブナを入れて、横構図でもう1枚。
  • 下山前に振り返り、最後に山頂台地と医王山を眺めます。
  • 下山前に振り返り、最後に山頂台地と医王山を眺めます。
  • 池の平を眺めます。あまりの高低差に信じがたい気持ち。
  • 池の平を眺めます。あまりの高低差に信じがたい気持ち。