巻機山
2017/09/14~2017/09/16
巻機山
 
2017/09/14(木):曇り時々晴れ:桜坂駐車場~井戸尾根~前巻機山~巻機山~巻機山避難小屋(泊)
2017/09/15(金):曇りのち晴れ:巻機山避難小屋~巻機山~牛ヶ岳~巻機山~割引岳~前巻機山~巻機山避難小屋(泊)
2017/09/16(土):曇り:巻機山避難小屋~巻機山~笹ヶ前巻機山~井戸尾根~桜坂駐車場
*

この三連休は2日前からお山に入れることになったため北アルプスを予定していましたが、直前に台風が発生。悩みに悩んだ末に、休日には多くの登山者で賑わう巻機山に決めました。 紅葉の時期にはまだ少し早いですが、今年は9月に入ってから早くに気温が下がり始めているので湿原の草紅葉の色付きがもう始まっているように感じます。 そして山頂近くにはとても綺麗な避難小屋があるようで、それも楽しみです。

● 2017/09/14 ●

巻機山登山口へは自宅から車で4時間半、325kmの長い道のりです。その間、かなりの区間を雨に降られました。しかも時折激しく降ります。 天気は回復に向かうはずですが、魚沼市に着いても雨は止まず、気持ちが沈みがちになってしまう中、朝の8時に登山口に到着しました。
準備をしていると小雨が止んだので雨具を着ずに出発。登り始めはまだ小雨が降ったり止んだりでしたが、樹々たちに守られてほとんど濡れずに済み助かりました。 五合目手前で下りて来られた方に出会いましたが、登り始めからずっと土砂降りが続き、ようやく先ほど雨具を脱ぐことができたとのこと。そんな時にブナたちから木漏れ日が。ようやく天候回復です。

六合目の展望台では険しい天狗岩を望むことができました。ガスに包まれることで険しさをさらに引き立たせています。 天狗岩のすぐ近くに数本だけ針葉樹が立っていることに気付きました。その近くには豪雪により削られた岩。 これほど厳しい環境で生き抜くことができる樹々たちが印象的でした。

七合目から空が開け、冷たい風が吹いていました。時折ガスが流れ、待ちに待った青空があらわれました!この辺りから少しずつ色付き始めた草紅葉が目に留まります。 最後の急登を終えると前巻機山。ニセ巻機山とも呼ばれるそうで可哀想ですが、頂きからは割引岳(われめきだけ)、そして美しい稜線の巻機山が素晴らしい眺めでした。
小屋に荷物を置き水場で水を汲んだ後は山頂を目指します。綺麗な池塘がいくつかありましたが、残念ながら辺り一帯はガスに包まれました。 結局、残念ながら太陽の光をほとんど感じられないまま明日の朝に期待して小屋に戻ります。 巻機山避難小屋は小屋自体綺麗なのですが、中でもバイオトイレが2ヶ所も設置されていることに驚きました。避難小屋でバイオトイレというのは初めての体験。しかも2ヶ所もあれば混雑時に助かりそうです。

● 2017/09/15 ●

朝は3時半に起き、ご来光の30分前に巻機山山頂に着きましたが、相変わらず辺り一面ガスの中。しかも気温は一桁で強い風の中でとても寒く感じます。とても太陽は望めないような絶望的な雰囲気です。 しばらく粘りましたが一向に太陽の光は期待できない感じなのでいったん小屋に戻って休みます。 うとうとしていると小屋の中に日帰りで登って来られた方々が入ってきたことで賑やかになり、窓の外を見てみると相変わらず一面ガスでしたが、先ほどと比べて空が明るくガスも流れ出し始めました! 慌てて準備をして再び稜線へ。ところが稜線に立つとまた展望は一切なく真っ白でした。時折空が明るく感じるような時もありましたが、なかなか晴れません。 時間を見ればもうお昼近くになったので、牛ヶ岳方面へ向かうことにしました。牛ヶ岳方面はほぼなだらかな道が続き、いくつかの池塘が見られます。草紅葉はかなり色付きが進んでいるので、光が来ると綺麗そう。

牛ヶ岳に着いても、巻機山に戻る道中も、一向にガスが晴れません。時間はたっぷりあるので天候が回復するのを待ちながらマクロレンズで楽しむことにしました。 まずは湿原に咲くイワショウブが目に留まります。白いお花と赤いお花がありますが、調べてみるとつぼみは赤く、咲くと白色、果実になると再び赤くなるそうです。 そして驚くことにまだハクサンフウロが咲いていました。葉は色付き始めているので、お花と紅葉が一度に見られることに不思議な気持ちになります。 それから湿原の水中で生きているコケを良く見てみると可愛らしいお花が咲いていることに気付きました。わずかながらもモウセンゴケも発見。

午後の2時。太陽がなかなかあらわれず、いい加減そろそろ割引岳方面へ向かおうかなと思っていたところでした。ふと冷たい風が止み周囲が明るくなり、太陽の光!悪天から好天へ変わる瞬間を体験できました。 急ぎ足で割引岳に向かう中、ようやく青空がのぞき始め、雲の流れ、光の変化を感じながら歩くことができました。 稜線から下る前に再度、巻機山の池塘群に戻ると、傾き始めた光と雲が映っていました。

2日目の夕陽は前巻機山から望むことにします。最後は雲の中に隠れましたが綺麗な夕陽でした。ただ驚くことにじゅうぶんな防寒対策をしてきたにも関わらず、とても寒さが厳しくて耐えられません。 まだ9月中旬の1800mmのお山とは思えないほどの寒さ、さすが豪雪地帯だと思いました。

● 2017/09/16 ●

ふたたび朝は3時半に起きて稜線へ向かいます。またまた辺り一面真っ白なガスに包まれる中を登り稜線に出ましたが、絶望的な雰囲気。そろそろ台風が九州に上陸するのでこのままお天気は下り坂に向かうかもしれません。 巻機山の山頂でしばらく様子を見ましたが、変化が訪れることなくご来光の時間が過ぎてしまいました。 前日の午後からだけでも晴れた光景を見ることができて良かったと思いながら下山しようとした時、少しだけ空に変化があらわれました。空が開けた方に向かうと、この2日間、見たことのない展望。越後三山があらわれるところでした。 太陽の光は届きませんでしたが、牛ヶ岳から流れ落ちる滝雲が美しく、その雲の流れに魅せられました。

小屋に戻るとふたたび風が強くなり始め、天候悪化が訪れるような怪しい空気に包まれます。 ただやはり人気のお山、お天気は下り坂に向かう日でも、三連休の初日ということもあり次々ととても多くの人たちが登って来られます。そんな中、急ぎ足で下山しました。
2泊過ごした割にはあまり展望には恵まれませんでしたが、決して快晴の日には見ることのできない雲の流れ、光の変化、湿原の表情、やわらかな色のお花たちを撮ることができ良かったと思っています。 この次は残雪または新雪のある頃にまた訪れてみたいと思いました。

● 写真(50) ●
  • 登り始めは小雨が降ったり止んだり。樹々たちに守られて助かりました。ブナたちからの木漏れ日が綺麗。
  • 登り始めは小雨が降ったり止んだり。樹々たちに守られて助かりました。ブナたちからの木漏れ日が綺麗。
  • 四合目から五合目の素晴らしいブナ林。
  • 四合目から五合目の素晴らしいブナ林。
  • 五合目のミズナラたち。
  • 五合目のミズナラたち。
  • この辺りのブナは豪雪地帯なので幹が白っぽいとのこと。早くもほんの一部ですが葉の色が変わりつつありました。
  • この辺りのブナは豪雪地帯なので幹が白っぽいとのこと。早くもほんの一部ですが葉の色が変わりつつありました。
  • 登山道上で出会ったクワガタ。これほど標高の高いところにクワガタ?!と思って帰宅後調べてみると、標高1,000~1,600mのブナ林帯に生息するヒメオオクワガタでした。
  • 登山道上で出会ったクワガタ。これほど標高の高いところにクワガタ?!と思って帰宅後調べてみると、標高1,000~1,600mのブナ林帯に生息するヒメオオクワガタでした。
  • 天狗岩のすぐ近くに数本だけ針葉樹が立っていることに気付きました。その近くには豪雪により削られた岩。これほど厳しい環境で生き抜くことができる樹々たちが印象的でした。
  • 天狗岩のすぐ近くに数本だけ針葉樹が立っていることに気付きました。その近くには豪雪により削られた岩。これほど厳しい環境で生き抜くことができる樹々たちが印象的でした。
  • 天狗岩の全景です。
  • 天狗岩の全景です。
  • 前巻機山に近付くにつれて青空があらわれ始めました!
  • 前巻機山に近付くにつれて青空があらわれ始めました!
  • 前巻機山の頂きからは割引岳、そして美しい稜線の巻機山が素晴らしい眺めでした。
  • 前巻機山の頂きからは割引岳、そして美しい稜線の巻機山が素晴らしい眺めでした。
  • そして水場に下りて、前巻機山を見上げます。
  • そして水場に下りて、前巻機山を見上げます。
  • 避難小屋近くのお花畑。ミヤマアキノキリンソウかな?と思いますがよく見て来なかったことを後悔。
  • 避難小屋近くのお花畑。ミヤマアキノキリンソウかな?と思いますがよく見て来なかったことを後悔。
  • ただ小屋に荷物を置いて夕方に山頂へ登ってみると、辺り一面真っ白でした。
  • ただ小屋に荷物を置いて夕方に山頂へ登ってみると、辺り一面真っ白でした。
  • 絶望的な雰囲気のまま日没の時間になりました。池塘のある位置や大きさを確認して小屋に戻ります。
  • 絶望的な雰囲気のまま日没の時間になりました。池塘のある位置や大きさを確認して小屋に戻ります。
  • 朝も絶望的なままご来光は望めず、小屋で休憩後、再び山頂へ。
  • 朝も絶望的なままご来光は望めず、小屋で休憩後、再び山頂へ。
  • 牛ヶ岳へ向かう稜線は池塘の点在するなだらかな美しい丘。展望が恋しいです。
  • 牛ヶ岳へ向かう稜線は池塘の点在するなだらかな美しい丘。展望が恋しいです。
  • 時折ほんのしばらくだけ訪れるガスの流れ。これだけ視界が広がっただけで感激です。針葉樹や笹帯の緑と湿原の植物の草紅葉のコントラストが美しいです。
  • 時折ほんのしばらくだけ訪れるガスの流れ。これだけ視界が広がっただけで感激です。針葉樹や笹帯の緑と湿原の植物の草紅葉のコントラストが美しいです。
  • 時間はたっぷりあるので天候が回復するのを待ちながらマクロレンズで楽しむことにしました。まずはオヤマリンドウ。
  • 時間はたっぷりあるので天候が回復するのを待ちながらマクロレンズで楽しむことにしました。まずはオヤマリンドウ。
  • イワショウブ。調べてみるとつぼみは赤く、咲くと白色、果実になると再び赤くなるそうです。これは果実でしょうか?
  • イワショウブ。調べてみるとつぼみは赤く、咲くと白色、果実になると再び赤くなるそうです。これは果実でしょうか?
  • つい仲良く並んで咲いている姿を探してしまいます。
  • つい仲良く並んで咲いている姿を探してしまいます。
  • モウセンゴケ。食虫植物ですが、姿かたちと色が可愛らしくて好きです。
  • モウセンゴケ。食虫植物ですが、姿かたちと色が可愛らしくて好きです。
  • 再びイワショウブ。こちらはお花がそろそろ枯れ始めて果実に移行する状態でしょうか?
  • 再びイワショウブ。こちらはお花がそろそろ枯れ始めて果実に移行する状態でしょうか?
  • どちらも蕾の状態のように見えますが、色が異なります。
  • どちらも蕾の状態のように見えますが、色が異なります。
  • 驚くことにまだいくつものハクサンフウロが咲き残っていました。この株の中だけで夏と秋が同居しています。
  • 驚くことにまだいくつものハクサンフウロが咲き残っていました。この株の中だけで夏と秋が同居しています。
  • 大きな雪渓がまだ残っていました。さすが豪雪地帯、寒いはずです。
  • 大きな雪渓がまだ残っていました。さすが豪雪地帯、寒いはずです。
  • 湿原のくぼ地の中にコバイケイソウ?の葉が埋もれた不思議な場所がありました。
  • 湿原のくぼ地の中にコバイケイソウ?の葉が埋もれた不思議な場所がありました。
  • イワショウブのお花とイワウチワの葉が池塘の水面に映ります。
  • イワショウブのお花とイワウチワの葉が池塘の水面に映ります。
  • 池塘の中で生きるコケ。この小さいのは..お花でしょうか?
  • 池塘の中で生きるコケ。この小さいのは..お花でしょうか?
  • 横に並んだモウセンゴケたち。
  • 横に並んだモウセンゴケたち。
  • ふと冷たい風が止み周囲が明るくなり、ようやく訪れた太陽の光!雲が綺麗です。
  • ふと冷たい風が止み周囲が明るくなり、ようやく訪れた太陽の光!雲が綺麗です。
  • 悪天から好天へ変わる瞬間を体験できました。雲の中の光と影。
  • 悪天から好天へ変わる瞬間を体験できました。雲の中の光と影。
  • 風景が一変しました。割引岳の頂きを目指して急ぎます。
  • 風景が一変しました。割引岳の頂きを目指して急ぎます。
  • 雲間から、待ちに待った太陽の光が眩しい!
  • 雲間から、待ちに待った太陽の光が眩しい!
  • 割引岳の登りが始まる直前に振り返って、前巻機山。
  • 割引岳の登りが始まる直前に振り返って、前巻機山。
  • 割引岳の登りは見た目はそれなりに感じましたが、標高差はそれほどなく想像より時間がかからずに済みました。
  • 割引岳の登りは見た目はそれなりに感じましたが、標高差はそれほどなく想像より時間がかからずに済みました。
  • 割引岳方面にも、1つ小さな池塘がありました。
  • 割引岳方面にも、1つ小さな池塘がありました。
  • 深く濃い緑の中の光と影が美しいです。
  • 深く濃い緑の中の光と影が美しいです。
  • もう一度、巻機山の池塘群に戻ってみました。草紅葉が夕方の光を受けて輝きます。
  • もう一度、巻機山の池塘群に戻ってみました。草紅葉が夕方の光を受けて輝きます。
  • 傾き始めた光と雲が映っていました。
  • 傾き始めた光と雲が映っていました。
  • 青空を映す池塘。奥は武尊山と皇海山。
  • 青空を映す池塘。奥は武尊山と皇海山。
  • 夕陽を眺めに前巻機山に登りました。妙高方面に日が落ちていきます。この後は残念ながら太陽は雲の中。
  • 夕陽を眺めに前巻機山に登りました。妙高方面に日が落ちていきます。この後は残念ながら太陽は雲の中。
  • ご来光の時間、ふたたび巻機山に登りましたが、太陽の気配を感じられることなく..
  • ご来光の時間、ふたたび巻機山に登りましたが、太陽の気配を感じられることなく..
  • 諦めかけて稜線から下ろうとしたその時、みるみるうちに視界が開け、これまで見たことのない展望が。越後三山です!
  • 諦めかけて稜線から下ろうとしたその時、みるみるうちに視界が開け、これまで見たことのない展望が。越後三山です!
  • 太陽の光をほとんど感じることができなかったのは残念ですが、これだけ見られただけでも良かった。滝雲の流れが美しいです。
  • 太陽の光をほとんど感じることができなかったのは残念ですが、これだけ見られただけでも良かった。滝雲の流れが美しいです。
  • 振り返ると、鋭い頂きが雲間からあらわれていました。足拍子岳のようです。
  • 振り返ると、鋭い頂きが雲間からあらわれていました。足拍子岳のようです。
  • 上越のマッターホルンと呼ばれる大源太山の頂きもあらわれています。
  • 上越のマッターホルンと呼ばれる大源太山の頂きもあらわれています。
  • 前日登った牛ヶ岳のなだらかな稜線。その奥は荒沢岳方面でしょうか?
  • 前日登った牛ヶ岳のなだらかな稜線。その奥は荒沢岳方面でしょうか?
  • 滝雲の中の針葉樹。水墨画の世界のようです。
  • 滝雲の中の針葉樹。水墨画の世界のようです。
  • 牛ヶ岳が完全に姿があらわれました。越後駒ヶ岳と中ノ岳とともに。
  • 牛ヶ岳が完全に姿があらわれました。越後駒ヶ岳と中ノ岳とともに。
  • 笹帯と草紅葉の中の雲の流れが美しいです。
  • 笹帯と草紅葉の中の雲の流れが美しいです。
  • 最後にもう一度、越後の山々と雲の流れです。
  • 最後にもう一度、越後の山々と雲の流れです。